November 03, 2006

SubversionのリポジトリをWindowsドメイン認証で利用する

mod_auth_sspiを使用することで可能である。
で、これをやってみた。

SourceForge.net: mod_auth_sspi から mod_auth_sspi.zip をダウンロードする。

解凍したら bin ディレクトリにある mod_auth_sspi.so を Apache の modules ディレクトリにコピーする。
httpd.conf を編集

  LoadModule sspi_auth_module modules/mod_auth_sspi.so

  LoadModule auth_module modules/mod_auth.so

の上にいれる。
次に、リポジトリディレクトリの設定を編集

<Location "Subversionリポジトリディレクトリ">
    AuthName "Subversion Test repository"
    AuthType SSPI
    SSPIAuth On
    SSPIAuthoritative On
    SSPIOfferBasic On
    SSPIDomain <ドメイン名>
    Require valid-user

    DAV svn
    SVNParentPath "リポジトリディレクトリ"

</Location>

httpd.confを保存して、Apacheを再起動すればWindowsドメイン認証になる。
各パラメータ解説

  • AuthType:認証形式なので SSPI にします。
  • SSPIAuth:SSPI での認証をアクティプにするかを設定します。
  • SSPIAuthoritative:OFF に設定した場合 mod_auth_sspi 以下で設定した
  • SSPIOfferBasic:SSPI で認証できなかった場合 Basic 認証を呼び出します。この際のアカウントは NT with Basic となる
  • SSPIDomain: SSPIで認証する Windows ドメイン名
  • Require valid-user: Log に残すユーザもしくはドメインの指定
    • require user DOMAIN\Username # 指定したユーザのみ残す
    • require group DOMAIN\Groupname # 指定したグループメンバーのみ

Comment on "SubversionのリポジトリをWindowsドメイン認証で利用する"

"SubversionのリポジトリをWindowsドメイン認証で利用する"へのコメントはまだありません。